山本英博クリニック

多汗症にお悩みなら【山本英博クリニック】トップ画像 多汗症にお悩みなら【山本英博クリニック】トップ画像2 多汗症にお悩みなら【山本英博クリニック】トップ画像3

グレード3の手のひらの発汗の様子

手のひら多汗症はピーク時における発汗の程度で重症度分類されています。

グレード1 手のひらが濡れるぐらいに発汗するが拳を握っても汗が滴下しない
グレード2 拳を握ると汗が滴下する状態
グレード3 手のひらを開いていても汗が滴下する

当院の特徴

手術体制
手術は呼吸器外科指導医が担当し、麻酔は麻酔科指導医の有資格者が担当します。 所属医師(3人)はすべて国立大学病院の講師以上の教官経験者。
 
特長
  • 11200例(2015-1月)を超える手術のデータベースから安全で確実な治癒手術を行います。(国内外で最多の手術実績)
  • 皮膚切開が2.5ミリと小さく、手術瘢痕は術後ほとんど消失
  • 2000年度日本内視鏡外科学会賞(Carl-Storz賞)
  • 代償性発汗(副作用)の取り組み(重症例にも治療実績があり成功事例多数あり)
  • 本院でのホルネル症は皆無
  • 片側づつの段階的手術と個別化手術で代償性発汗のリスク低下
  • 手術日当日のみの日帰り手術
  • 多汗症手術治療は、渋谷のクリニックで行っています。
院外活動
多汗症教室の開催( 土曜・日曜の治療設定もあります)
2016/09/19 平成28年10月8日(土曜)9時30分から多汗症教室を追加しました。
診察は予約制です。前もって電話にてご連絡をください。

詳しくは診療日程をご覧ください。

平成28年9月 形成外科2016 Vol 59の依頼執筆において「腋窩多汗症に対する胸部交感神経切除術の是非」を担当し、代償性発汗のメカニズムと対策について紹介しています。


平成28年9月6日 www.tenoase.comのサイトで代償性発汗の治療例とその技術の紹介をしました。

平成27年10月16日にチリの国際学会においてもETS手術件数では最多手術数(11000件)での報告をしました。

このページのトップへ

アクセス


大きな地図で見る

渋谷駅から 徒歩5分

住所 〒153-0053
東京都渋谷区道玄坂2-28-4
イモンビル7階
TEL 03-5459-5062
詳細アクセス

診療時間

診療時間
10:00〜12:00 / / /
16:00〜18:00 / / / /

休診日:水曜・木曜